スクワットとフルスクワットでどのぐらいマックス値が違うのか

最近スクワットをフルスクワットで行っています(本記事では太ももが地面と並行になるパラレルワットのことをスクワットと表現しています)。

いくつか理由がありまして、

  • どんどん重量を上げていくと、スクワットが浅くなりがちになる
    →フルスクワットなら一番下まで下げるので浅くなることがないです
  • 膝を痛めいくい
    →意外に思われるかもしれませんが、重さがかかる一番下のところで踏ん張る必要が無いので、膝に負担がかかりにくいのです
  • 大殿筋に非常に効く
    →お尻の筋肉が非常にスクワット以上に効きます
  • ハーフやパラレルスクワットよりも高重量を扱えないので怪我をしにくい
    →なるべく軽い重さで、体に聞かせることができるので怪我へのリスクが少なくなります

など良いことづくめと言っても過言ではないありません。

ただそこで疑問なのはスクワットとフルスクワットでどのぐらいマックス値が違うのか?ということです。

今までの記録を検証してみましたので参考にしてください。

スポンサーリンク




結論からいうと30~40キロ程度

おもったよりも差がある

私のスクワットの一番調子がいい時+トレーナーをつけた時のマックス値ですが、

  • スクワット 186キロ
    →150キロを8回がマックスのため
  • フルスクワット 156キロ
    →120キロを10回がマックスのため

※スクワット・デッドリフトMAX計算式 MAX=使用重量÷33.3×回数+使用重量 を参考にさせていただきました。

結論をいうと30キロくらいの差があります。

ちなみに自分一人でジムいった時のマックスは

  • スクワット 173キロ
    →140キロを8回がマックスのため
  • フルスクワット 138キロ
    →120キロを5回がマックスのため

と35キロの差があります。

私は最近フルスクワットのコツを掴んできたので、スクワットとフルスクワットの開きは少ない方だと思います。

どこまで万人に当てはまるかわかりませんが、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク







フォローする