筋トレ初心者が半年でマッチョになれるトレーニングメニューと食事と考え方

人生において成功するために、神は人にふたつの手段を与えた。

教育と運動である。

しかし前者によって魂を鍛え、後者によって体を鍛えよ、ということではない。

その両方で、魂と体の両方を鍛えよ、というのが神の教えだ。

このふたつの手段によって、人は完璧な存在となる。

プラトン

昔は様々な場面で運動をする習慣があったけれど、今となってはほとんど運動ができていないという人は非常に多いのではないでしょうか?

私も学生時代は運動部に所属しており、良い体を保っていたのですが社会人になって運動する習慣がなくなってしまい、ブクブクと太ってしまった経験があります。

いざ運動する習慣を作ろうと思っても何からはじめていいのかわからない人も多いはず。

そこで今回は筋トレ初心者の私が約1年間で学んだ筋トレ理論(トレーニングメニュー含む)と食事と考え方をお伝えしたいと思います。

筋トレを初めてから約半年で15キロ痩せて(85キロ→70キロ)、誰に見せても「いい体だね!」と言われるようになりました。

かなり有名な方にトレーナーとしてついてもらったので、科学的な理論からほとんどズレも少ないと思います。

本記事を読めば、具体的に何をどうすればいいのかというところまでわかるように記述しておりますので、何度もこの記事に戻ってきて内容を確認してくれたら嬉しいです。

スポンサーリンク




①筋トレをすると人生が良い方向にいく

運動と成功は表裏一体

筋トレをすることによるメリットは科学的に証明されており、代表的なメリットは下記のようなものがあります、

脳が活性化する

運動をすると心臓からたくさんの血液が脳に流れて、脳がベストな状態になることが知られています。

それに加えて、筋トレをすることによって脳を活性化する脳内麻薬ともいわれるホルモン(ドーパミン、エンドルフィン)が分泌されるため、脳が活性化します。

特に筋トレの後に勉強や仕事をすると非常にメリットが大きくなります。

ドーパミンの効果

  • 記憶力アップ
  • 集中力アップ
  • モチベーションアップ
  • 仕事の効率アップ

エンドルフィンの効果

  • ストレス減
  • 打たれ強くなる
  • ポジティブになる
Amazonでジョン J. レイティ, エリック ヘイガーマン, John J. Ratey, Eric Hagerman, 野中 香方子の脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方。アマゾンならポイント還元本が多数。ジョン J. レイティ, エリック ヘイガーマン, John J. Ratey,...

モテる

筋トレをするとテストステロンという女性にモテるためのホルモンが分泌されます。本能的に好かれるためのホルモンなので、なにかするわけでもなくモテ度がアップするのです。

私自身も筋トレをはじめてから異常にモテることを実感しています。

参考:テストステロンとは – モテる方法 2.0

他にもテストステロンには

  • モテホルモン
  • 筋肉量の増加
  • 性欲増進
  • やる気の向上
  • ドーパミンの増やす
  • ダイエット効果
  • 脂肪燃焼
  • うつ病の改善
  • アンチエイジング

といった効果もあり、万能ホルモンとして知られています。

これだけでも筋トレの効果としては非常に魅力的です。

その他の効果

その他にも

  • うつ病の改善
  • がん予防
  • ダイエット
  • 痩せやすい体になる
  • 認知症になる確率が半分になる
  • 妊娠しやすくなる
  • お金持ちとの会話が弾む(多くのお金持ちは筋トレをしている)
  • ポジティブになれる
  • ヒップアップできる
  • Tシャツが似合うようになる
  • 自信がつく
  • 筋トレのためにお酒の量が減る
  • 煙草もやめやすくなる

といった効果が期待できます。

筋トレを始めればすぐに実感する

脳の活性化も、モテ度も筋トレをはじめて一週間程度で実感すると思います

人生をうまくいかせるためにもまずははじめの一歩を踏み出すことをおすすめします。

②トレーニングジムの選び方

自重でのトレーニング(腕立てや腹筋など自分の体重を利用してトレーニングすること)でも悪くはないのですが、筋肉を肥大させてガタイの良いカラダ、マッチョな体を目指すのであればトレーニングジムに通うのは必須です(理由は④トレーニングの考え方とメニュー、頻度で解説しています)。

有名なジム(月1万円程度)、マイナーなジム(月5000円~1万円程度)、公営のジム(1回400円程度)などたくさんありますがなによりも大切なのは通いやすいこと

通いやすいジムを選ばないと通うのがおっくうになり、続くものも続かなくなってしまいます。設備が充実しているかどうかは二の次です。

筋トレ中級者くらいになったら、ジムの設備などを考慮してジム選びをしたらいいでしょう。

家の近く、職場の近く、最寄駅の近く、通勤途中など自分が1番通いやすいジムをピックアップすることが最初の一歩です。

③できればつけたいパーソナルトレーナー

メニューのことから食事のことまで、パーソナルトレーナーをつければほぼ解決すると言っても過言ではありません

1回あたり5000円~10000円程度かかりますが、

  • 正しいフォームが身につく
  • 怪我がしにくくなる
  • 追い込めるので効果が最大限になる
  • 間違いが少なくなる
  • 食事のアドバイスなどもしてくれる
  • 筋トレを継続しやすくなる
  • 早く結果が出る

などメリットがたくさんあります。

金銭的な余裕がある人は筋トレを始めた最初の三ヶ月位は週に1回程度、トレーナーをつけることをおすすめします。

筋トレや食事のことを理解できたらトレーナーをつける頻度を2週間に1回などに減らしていくといいでしょう。

良いトレーナーの選び方

一番大切なことはトレーナーとの相性です。

どんなに優れた腕をもっていても相性が悪いとジムに通いたくなくなります。

相性に加えて、トレーナー自身が良い体をしているかは最低限チェックしましょう。

大きな筋肉をもっているトレーナーはトレーニング理論だけではなく食事の知識も非常に豊富ですので、信頼に値する大きな目安になります。

④トレーニングの考え方とメニュー、頻度

自分が通いやすいジムを選んだら次はどういった筋肉トレーニングをするかです。

本記事ではパワーリフティング(どれだけ重い重量をあげれるか)ではなく、筋肉の肥大を目的にしています。

それに沿った解説をしていきます。

最初に知って欲しい超回復の話

超回復というのは、筋トレをして筋肉を破壊した後に修復して、トレーニング前よりも筋肉量が増えることをいいます。

超回復が行われるまでに48~72時間程度かかると言われているので、一つの部位のトレーニングをしたら中二日あけて、トレーニングをするのが非常に効果的なのです(胸のトレーニングをしたら次に胸のトレーニングをするのは最低中二日空けるということ)。

筋トレの頻度

できれば週に6回、1回40分~60分程度できるのが理想ですが、そんなにできないという人も多いはず。

その場合は週に2回、1回40分程度の時間は必ず取るようにしましょう(週2回の場合は超回復のために、筋トレの日の間隔を中二日以上あけましょう)。

筋肥大に適したトレーニング手法

トレーニングの具体的内容に入っていきましょう。

基本的にはドロップセット法3~4セット+インターバル60秒です(この方法が筋肥大につながりやすく、テストステロンが1番分泌されるため)。

ドロップセット法で3~4セット

ドロップセット法というのは、8回~12回が限界の重さで筋トレをして、少しづつ重量を下げていく方法です。

たとえば、1セット目にベンチプレス60キロで限界まで頑張ってなんとか8回できるのであれば、2セット目は8~12回ができるギリギリの重さまで落とします(50キロで前後になると思います。)。3セット目も8?12回ができるギリギリの重さまで落とします。

このように毎回限界で8~12回を3~4セット行うのです。

※12回できた場合は同じ重さで次のセットもチャレンジして8回になるのは可

インターバル60秒

インターバルというのはセット間の休息時間のことです。

インターバルを60秒にすることで、筋肥大に非常に効果の高い成長ホルモンであるテストステロンが一番分泌されるからです。

パワーリフティングなどで筋力を上げたいのであれば、インターバルは5分取るのがいいそうですが、良い体を目指すのであれば60秒がベストです。

トレーニングメニュー

トレーニングメニューは週に何回トレーニングができるかによって変わってきます。

週2回の筋トレの場合

週2回のトレーニングの場合は、BIG3と言われる種目を行います。

BIG3とは

のことを指します。

この三種目は

  • 大きい筋肉を鍛えれる
  • たくさんの種類の筋肉を鍛えれる

というメリットがあるのです。

もし三種目にあえてプラスするのであれば

をいれるといいでしょう。

週2回のトレーニングの人は毎回BIG3+ラッドプルダウンをすればバランスよく体を鍛えることができます。

週3回の筋トレの場合

週3回の筋トレの場合は部位別でトレーニングを行います。

おすすめは

  • 胸の日
  • 下半身、肩の日
  • 背中、腕の日

という形で分けます。

最初から全部はできないと思うので、最初は3~4種目からはじめて、2~3ヶ月かけて全部できるようにしたらいいでしょう。

※ドロップセット法でセット間は60秒インターバル。種目間は準備のために数分空けて良い。8回~12回×3~4セット

胸、二の腕の日
  1. ベンチプレス

    もっとも人気のあるエクササイズといえば、やはりベンチプレスでしょう。仰向けになってバーを胸まで下ろし、上げるだけ。これだけの動作なのに、注意しなければならないところが幾つもあります。今回からはベンチプレスの正しいフォームについて解説していきましょう。
  2. ダンベルプレス

    ダンベルベンチプレスのやり方と効果を解説していきます。フォームや重量を確認して正しく行っていけば、大胸筋の筋トレとして破壊力抜群なトレーニングになります。ダンベルベンチプレスのやり方と効果を確認していきましょう。大胸筋を
  3. インクラインダンベルプレス

    インクラインダンベルベンチプレスの効果とやり方を見ていきます。胸筋の上部を刺激するなら効果の高い大胸筋の筋トレ種目です。インクラインダンベルベンチプレスの効果とやり方を見ていきます。筋肉隆々の厚い胸板には、大きく胸元の開
  4. ダンベルフライ

    ダンベルフライのフォーム・やり方・効果を確認していきましょう。大胸筋のトレーニングの中でも大胸筋を集中して鍛えるならおすすめしたい筋トレ種目です。ダンベルフライのフォーム(やり方)と効果を知っているかいないかは大きな差に
  5. インクラインダンベルフライ

    インクラインダンベルフライの効果とやり方を見ていきます。大胸筋の上部をダンベルを使って集中して鍛えていく筋トレ種目です。インクラインダンベルフライの効果とやり方を知っていますか?胸の筋肉を鍛える筋トレと言えばベンチプレス
  6. ライイングダンベルトライセプス

  7. トライセプスプレスダウン

    「ジム通いするか、自宅で筋トレするか!?」結構この選択で迷うことおってありますよね?多分結構な割合の人が迷うはずです。それぞれメリットがあるし、デメリットもあって迷う所です。この答えは、一概にどちらとは言えませんが、ジム
下半身、肩の日
  1. スクワット

    これから筋トレをはじめようと思っている皆さん、そして、すでに筋トレをしていて筋トレ種目のバリエーションも増えてきた皆さん、ここで一度、正しいやり方を習得して頂きたいおしりの筋肉に効く筋トレがあります。それは、「バーベルス
  2. レッグプレス

    レッグプレスの効果とやり方を確認していきましょう。下半身を集中して鍛えるトレーニングで、下半身の筋肉を鍛えたい人は必須で覚えて筋トレ種目です。レッグプレスの効果ややり方を詳しく見ていきます。下半身を鍛える王道のトレーニン
  3. レッグエクステンション

    レッグエクステンションの効果とやり方を見ていきましょう。太もも前面の筋肉を鍛えるためにとても効果の高い下半身の筋トレで、誰でも手軽に始めることが出来ます。レッグエクステンションの効果ややり方を見ていきましょう。アンダーウ
  4. レッグカール

    レッグカールの効果とやり方を紹介していきます。太もも裏痩せから強化にまで効果的な筋トレで、マシンやダンベルを利用すればすぐにでも取り組んでいくことが可能です。レッグカールの効果とやり方について見ていきます。下半身を強化し
  5. ショルダープレス(スミスマシン)

    「スミスマシンなんて、ガイド付きのアマちゃんだ!男が筋トレやるならフリーウエイトをやるべき!」そんな風に思っている方、実はそれとっても損していますよ!確かに、ガイド付きで軌道の固定されたスミスマシンは、フリーウエイトに比
  6. シーテッドサイドレイズ

    サイドレイズのやり方や効果を見ていきます。ダンベルやチューブを利用して、肩の側面である三角筋中部を集中的に鍛えていくためにもおすすめです。サイドレイズのやり方や効果を知っていますか?サイドレイズは肩周りの筋肉を、効果的に
  7. フロントレイズ

    フロントレイズの効果とやり方を知っていますか?肩の筋肉前面を強烈に刺激していく筋トレで、肩を全体的に鍛えるためにも取り組んでおきたい筋トレ種目です。フロントレイズの効果とやり方を確認してみましょう。「う~ん、どうも最近、
  8. ライイングサイドレイズ

    さて三角筋後部のためのエクササイズとしてはダンベル・リアレイズが代表的ですが、動作に慣れていないと、どうしても僧帽筋が動作に関与してしまいます。そこで今回は僧帽筋の関与が少なくなるエクササイズとして、「サイドライイング・リアレイズ」をご紹介しましょう。
背中、力こぶの日
  1. デッドリフト

    デッドリフトのやり方と効果を見ていきます。デッドリフトは背筋や下半身後面を非常に大きな重量で鍛えていける筋トレ種目。筋トレレベルを圧倒的に高めていくためにも効果的です。デッドリフトのやり方と効果を知っていますか?デッドリ
  2. ラットプルダウン

    ラットプルダウンのやり方や効果を見ていきます。フォームをちょっとだけ変えた種類も豊富にあり、しかも筋トレマシンの重量を思い切り背筋に掛けていける、おすすめの筋トレです。ラットプルダウンのやり方や効果を確認していきましょう
  3. ビハインドネックラットプルダウン

    ラットマシン(ハイプーリーマシン)を多くの人がしている誤った使い方とは。ラットプルダウンビハインドネックによる僧帽筋のトレーニングし肩と肩甲骨周辺の柔軟性を高める方法をアニメーションで解説。広背筋のトレーニングとのちがいなど。
  4. ロープリーロー

    筋トレの「ベクトル」ってご存じですか?なんだか数学のようなこの用語、実は知っておくとトレーニングの効率が一気に高まる筋トレの専門用語です。トレーニングの効率が一気に高まるなんて、とても気になりますよね?この「ベクトル」の
  5. バーベルカール

    バーベルカールのフォーム・効果・やり方を知っていますか?バーベルカールは、上腕二頭筋の鍛え方としても効果が大きい、メジャーな筋トレ種目です。バーベルカールのフォーム・効果・やり方を確認していきましょう。ある日鏡を見てみた
  6. インクラインダンベルカール

    インクラインダンベルカールのやり方と効果を見ていきます。角度を付けて上腕二頭筋をピンポイントで鍛える筋トレ種目について、確認していきましょう。インクラインダンベルカールのやり方と効果を確認して、カッコイイ体の象徴でもある
  7. ハンマーカール

    ハンマーカールの効果とやり方を知っていますか?前腕の腕橈骨筋や、上腕の上腕筋の鍛え方としておすすめな筋トレです。ハンマーカールの効果とやり方を確認していきましょう。前腕の筋肉と、上腕にある上腕筋を中心に鍛えるハンマーカー

週6回の筋トレの場合

週6回筋トレができる方は、週3回のメニューを2倍行えばいいでしょう。

週4~5回の方も超回復を意識して、筋トレを行います。

⑤筋トレ効果を最大限にするための食事とプロテイン

良い体になるためには筋トレと同じくらい食事とプロテインは大事です。

筋トレを勉強するのと同じくらい食べるものについても勉強していきましょう。

プロテインはなぜ必要なのか

人間の体は1日に「体重【  】kg×1倍=【  】g」程度のタンパク質は最低限必要だと言われています。

例:体重【 60 】kg×1倍=【 60 】g

しかし運動をした日、筋トレをした日は「体重【  】kg×2倍=【  】g」のタンパク質を摂るべきだと言われています。

例:体重【 60 】kg×2倍=【 120 】g

だいたい種類を問わず肉には100gで20g程度のタンパク質が含まれていますので肉だけで1日600gも食べなければ運動した日はタンパク質不足になってしまうのです。

毎日お肉を600g食べるのは非常に大変。

そのため不足分を補うためにプロテインが必要なのです

プロテインの選び方

プロテインは毎日のように飲むものなので、

  • 安い
  • 質がいい
  • 美味しい

の3つが揃っていることが重要です。

筋トレマニアの中で非常に評判が良いのがビーレジェンドのプロテインです。

世界、日本のトップアスリート、指導者が大絶賛!1食のたんぱく質含有量は20g以上。国内製造で安心、安全の高品質ホエイプロテインが1Kg2,600円と驚きの価格で登場!

他のプロテインもいろいろ試しましたが、ビーレジェンドがどのプロテインよりも優れています。

チョコ味とキャラメルコーヒー味以外はどれでも非常に美味しいので好きな味を選ぶといいでしょう。

ダイエットに特化したいならソイプロテインも可

ビーレジェンドのプロテインはホエイプロテインといってすぐに体に吸収して(1~2時間)、体を大きくするためのプロテインです。

もしダイエット目的なのであれば、吸収がゆるやかなソイプロテインを飲むといいでしょう。

※ダイエット目的だとしてもプロテインは飲まないよりも絶対に飲んだほうがいいです。ソイプロテインは決して美味しくはないので、口にあわない時はビーレジェンドを飲みましょう。

プロテインをいつ、どれくらい飲むか

基本的に1回あたり20g程度を

  • 起床後すぐ
  • トレーニング後トレーニング後は30分以内に飲みましょう。成長ホルモンがでていて、1番体を作ってくれるタイミングです。)
  • 間食(昼食と夕食の間)
  • 夜寝る前

のように4回取るのがベストです。

お腹が空くと人間の体は脂肪よりも先に筋肉を使ってエネルギーが足りない分を補充しようとします

そのため常に栄養が途切れないで体に行き渡っている状態を作るのが良いのです

トレーニングをしない日でも、起床後すぐと夜寝る前の2回は飲んだほうがいいでしょう。

糖質(炭水化物)とどう付き合うか

糖質は筋トレをする時の大事なエネルギー源です。

そのため、筋トレをする1時間位前におにぎり一個程度の糖質を取るといいでしょう。

バナナやおまんじゅうなどでもOKです。

トレーニング後のプロテインを飲んだ後に糖質を補給するのもOKです。

ただし、夜は脂肪に変わりやすくなってしまうので少なめにするか、控えましょう。

  • トレーニング前(昼食と兼ねても可)
  • トレーニング後

あたりを目安に糖質を取るといいでしょう。

痩せたいだけなら糖質ゼロでもいいが、筋トレでパワーがでない

痩せたいなら糖質を全く取らずに筋トレをするのもありですが、パワーがでないので筋肥大を目指すのであれば糖質は必須です。

筋肥大を目指す過程で徐々に痩せていくので、ライザップのように2ヶ月でどうしても痩せたい人以外は適度に糖質をとって筋トレをすることをおすすめします。

まとめ 筋トレは正しい知識と継続が大事

筋トレに限ったことではありませんが、適当にやっていたら成功までの道のりを遠回りすることになってしまいます。

理論の学ぶと失敗を少なくすることができ、最短ルートで成功にたどり着くことができるのです

最低限の知識はこの記事に詰め込みましたので、筋トレへの最初の一歩を踏み出すきっかけ、筋トレ継続へのモチベーションにしていただけたら幸いです。

参考文献リスト

スポンサーリンク







フォローする