スコッチウイスキーとアイリッシュウイスキーを飲み比べてみました。

グルメ
スポンサーリンク

私はAmazonプライム会員になっているのですが、11/16からプライムナウが私の住んでいる新宿区の方まで拡大されました。

初めてのプライムナウで2,000円オフのクーポンがついてくるということを知ったのでいつもとは違うものを買ってみようと思い、スコッチとアイリッシュウイスキーを買ってみました。

買ったのはジェムソンウイスキー(アイリッシュウイスキー)とバランタイン12年(スコッチウイスキー)です。

※比較するならバランタインファイネストにするか、ジェムソン12年にするべきでは?と思われるかもしれませんが、2000円程度とほぼ同じ値段で買えるのでこの2本にしました。

色の比較

左がジェムソン、右がバランタイン12年です

瓶の色は違いますが、色はほぼ一緒です。

若干ですが、右のバランタイン12年の方が濃いかな?

味の比較

結論から言うとバランタイン12年のほうがアルコール感が非常に少なく美味しいです。

ジェムソンはアルコール臭が若干多くブラックニッカクリアを飲んでいるような感じです。

バランタイン12年はストレートでも飲みやすく、ロックにするのがもったいないくらいです。

ちょっと調べてみたのですがジェムソンは蒸留を3回行うらしく(スコッチは基本2回)、癖が少ない分アルコール臭がでてくるのかもしれません。

バランタイン12年と有名なスコッチであるジョニーウォーカーブラックなどと比べるとジョニ黒の方が若干味わいが深く感じますが、バランタイン12年は飲みやすさで勝るのでウイスキー初心者はバランタイン12年のほうがいいかもしれません。

まとめ

同じ値段ならアイリッシュウイスキーのジェムソンよりもスコッチウイスキーのバランタイン12年のほうがおすすめです。

ちょっと良いウイスキーを飲みたいならスコッチウイスキーのバランタイン12年の方がおすすめです。

コメント