ダンベルフライのやり方を2年間間違えていた件

筋トレをするにあたって、部位別法をとっています。

胸の日は

  • ベンチプレス
  • 追い込みたい日のみダンベルプレス
  • インクラインダンベルプレス
  • ダンベルフライ
  • インクラインダンベルフライ
  • (あとは腹筋)

という感じでいつもやっていたのですが、どうやらダンベルフライのやり方が今まで非常にまずかったみたいです。

簡単に言うと、

ダンベルフライをする時に肘が曲がりすぎていた

という失敗です。

この動画が短くて非常にわかりやすいのですが、肘を曲げすぎるとダンベルプレスに近い動きになってしまうんですね。

しっかりと肘を伸ばした状態でダンベルフライをすると

  • 胸にのみめっちゃ効く
  • 15~20%くらい重さが持てない
    →20キロで10回だったのが16キロで10回くらいしかできない

といった感じになります。

ダンベルフライをしっかり開いてやったことで、ここ最近では考えれないくらい効いていて、筋肉痛もひどいです。

今まで、もったいなかったなと思います。

やはり重さを追求すること以上に、フォームや正しい筋トレを学ばないといけないなと思いました。

筋トレに限らず、日々勉強と基本に立ち返ることですね。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク