コーヒーにオリーブオイルを入れて飲む時の注意点。

最近オリーブオイルの健康効果に注目が集まっています。

1日大さじ2杯ほど取るのが理想的だそうですが、大さじ2杯を料理から取ろうと思うとかなりメニューを考える必要があり、現実的ではありません。

そこで私は毎日コーヒーにオリーブオイルを入れて摂取しているのですが、いくつか注意点がありますのでその解説をしたいと思います。

スポンサーリンク




【1】しっかり混ぜないとオリーブオイルとコーヒーが分離してしまう

オリーブオイルが浮いて分離してしまう

元々油は水に溶けにくい物質です。

そのためホットで入れて、しっかりとかき混ぜないとオリーブオイルとコーヒーが分離してしまい別々に飲んでいるような物になってしまいます。

オリーブオイルをコーヒーに入れて飲むときはいつも以上にしっかりとかき混ぜる必要があります

【2】アイスコーヒーの場合はミキサーを使うこと

アイスなら必ずミキサーで。ちなみにホットでも使えるミキサーはレア

暑い時期はホットコーヒーで飲むのはかなりしんどいと思います。

もしアイスコーヒーにオリーブオイルを入れたいと思ったら、ミキサーで混ぜると分離せずに綺麗に混ざります。

ミキサーで混ぜた後の見た目はミルクを入れたコーヒーのようです。

油はこまかくなると、コーヒーを白濁させるんですね。

ミキサーにかけるとアイスでもこの通り

透明なグラスに入れ替えてみました。見た目はクリームを入れたコーヒーと変わらないですね

ちなみにですがホットコーヒーの場合もミキサーを使うときれいに混ざり、分離することがないので非常にオススメです。

ただしホットでも使えるミキサーはかなり限られているので注意しましょう。

私はこのミキサーを使っていますが、

少々音がうるさいのでお金に余裕がある方はバイタミックスなどのミキサーを使うことをおすすめします。

まとめ

コーヒーにオリーブオイルを入れるなら何よりしっかりとかき混ぜることです。

毎日飲むものだと思うので良質で安いこちらのオリーブオイルを私はいつも使っています。

スポンサーリンク







フォローする