お腹が減ったらこれを食え!ダイエット向きの食べ物をまとめてみた

お腹が減ったら集中力が減りますし、なによりつらいです。

しかし、おにぎりなどを食べてしまうと太ってしまうしカロリーはなるべく取りたくない。

かといってサラダチキンみたいに食べるのにめんどくさいものも嫌だ。。。

そんな時に食べれる食品(飲み物も含む)をまとめてみました。

選考基準としては

  • めんどくさくない
  • 値段が高くない
  • 糖質が少ない

といった感じで選びましたので参考にしてください。

スポンサーリンク




【1】インスタントのお味噌汁

インスタントのお味噌汁は100円程度

私のおすすめインスタントのお味噌汁。

カップタイプのものなら100円程度、お椀で作るタイプのものなら3つで200円程度で売っています。

お湯をわかすのがめんどくさいのと、お箸が必要なのが一番のデメリットだと思います。

お味噌汁
メリット ・100円程度で買える
・お湯を沸かして溶かすだけ
デメリット ・お湯を沸かす必要がある
・お箸が必要
・イモ類の具材は糖質が多いので注意が必要

【2】プロテイン

プロテインは非常に手軽

プロテインならシェーカーにプロテインを入れておくだけで水をいれれば簡単に飲めます。

腹持ちもかなりいいのですが、シェーカーが嵩張るのが欠点。オフィスや家においておけるならプロテインは非常におすすめです。

プロテイン
メリット ・一食あた50~100円程度
・水を入れてシェイクするだけ
・タンパク質が不足しがちな人が多いので補給も兼ねれる
デメリット ・シェーカーが嵩張る
・コンビニなどでは買えない
・通販以外(ドラッグストアなど)だと高い

【3】100%ジュース

できればストレードがベストですが濃縮還元でもOK

100%のジュースはかなりお腹にたまりますし腹持ちもいいです。

バリエーションも豊富なので飽きることもないでしょう。

ジュース
メリット ・コンビニなどで気軽に買える
・ビタミンも補給できる
デメリット ・果糖とはいえ糖質があるので飲み過ぎ厳禁

【4】牛乳

牛乳は完全食品のひとつ

牛乳もジュースと同じくコンビニで気軽に買える飲み物です。

糖質はありますが、砂糖などの糖質に比べて血糖値の上昇幅が少ないです。

とはいえ飲み過ぎには注意をしましょう。

牛乳
メリット ・コンビニなどで気軽に買える
・タンパク質も補給できる
デメリット ・ある程度糖質があるので飲み過ぎ厳禁
・牛乳でお腹を壊す人にはむかない

【5】納豆 豆腐

豆腐と納豆 最強です

納豆と豆腐は(納豆は家でしか食べれないと思いますが)、高タンパク低糖質の良い食材です。

調理が不必要なのも良いですね。

納豆 豆腐
メリット ・コンビニなどで気軽に買える
・タンパク質も補給できる
デメリット ・納豆は匂いを気にする必要がある
・食器を洗わなければならない

まとめ

お腹が減ったらこれのいずれかを食べておけば太りにくいし、腹持ちがいいのでおすすめです。

※追記 ゆで卵を書き忘れました。

スポンサーリンク







フォローする