なるべく手軽に完全無欠コーヒー(バターコーヒー)を作る方法

シリコンバレー式自分を変える最強の食事という本を読んでから、もう3年ぐらいほぼほぼ毎日完全無欠コーヒー、いわゆるバターコーヒーを飲んでいます。

空腹感を感じにくくなり、太りにくいけれど使えるエネルギーを取れるので非常に重宝しています。

しかし完全無欠コーヒーをなるべく完璧に作ろうと思ったら、非常に手間も時間も設備も必要です。

私は色々試行錯誤して、非常に手軽に完全無欠コーヒーを作っています。その方法と準備するものをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク




【1】必要なものは耐熱ミキサーマウントハーゲンコーヒー MCT オイルグラスフェッドバターの4つ

まずは下記四つを揃えましょう。

  • 耐熱ミキサー
  • マウントハーゲンオーガニックコーヒー
  • MCTオイル
  • グラスフェッドバター

ひとつひとつ解説していきます。

耐熱ミキサー

まず最初に必要なものは耐熱ミキサーです。

意外に耐熱のミキサーというのは売っていなくて、売っていたとしても数万円するような高価なミキサーばかり。

かなりいろんなところを調べたのですが下記のミキサーが一番安くてコスパがいいです。私もこれを3年使っています。

ただし音が非常にうるさいので、マンションやアパートの人は朝や昼間以外使わない方がいいかもしれません。

●簡単にスープが作れるスープブレンダー。●冷めたスープを温め直せる『再加熱』、ミキサーとして使う『混ぜる』、スープの付け合わせや飾りの食材用の『ゆでる』など便利な機能付。●鈴木あさみ先生監修のカラースープレシピ付。

マウントハーゲンオーガニックコーヒー

次に必要なものはマウントハーゲンのオーガニックコーヒーです。

シリコンバレー式の本では豆から挽いたスペシャリティコーヒーを推奨していますが、毎朝豆からひくのはかなり厳しいですよね。時間もないですし。

そこでインスタントコーヒーで最高級、なおかつ本でも推奨されていたカビ毒に犯されていないマウントハーゲンオーガニックコーヒーを選びました。

普通に飲む分でもかなり美味しいコーヒーですので、インスタントコーヒーの中ではかなり値段は高いですがその価値はあります。

深く豊かな香りをもつ高地有機栽培の最高品質アラビカ豆100%によるブレンドです。マウント ハーゲンはオーガニックコーヒーの代表的ブランドです。ゆっくりと丁寧なローストが、オリジナルの豆本来のバランスのとれた豊かな香りを生み出します。最新の自然工法により、フリーズドライでありながら本格的な味わいを楽しめます。新たにフェア...

MCTオイル

MCT オイルは下記の商品一択です。

もちろんお金に余裕がある人は、仙台勝山のMCT オイルなどを使ってもいいとは思いますが、毎日飲むならコスパも重要。

仙台勝山のMCTオイルのほぼ半額の値段で買えるのでこちらをお勧めしています。

【3本セット】【シンガポール産MCTオイル360g ココナッツ由来100%/中鎖脂肪酸率100%】 シンガポールのココナッツ製品メーカーが生産。グリセリン等の添加物は【不使用】、化学的製造工程も【不使用】、自然派のMCTオイルです(蒸留製法により、ココナッツオイルから中鎖脂肪酸部分のみを抽出)。バターコーヒー、サラダ、...

グラスフェッドバター

グラスフェッドバターは普通に買うと非常に高いので、まとめ買いおすすめします。

下記の商品を買ったら冷凍で届くので、一度解凍して小分けにしラップのなどで包んで使う文だけ冷蔵庫に入れて、冷凍庫で保管しましょう。

1年位で使い切れます。

ニュージーランドはビーフステーキでもそうですが、ストレスが無い自然環境の中で育った牛から搾乳されるミルクで造る、いわゆる牧草(グラスフェッド)で育った牛のバターとなります。近年コーヒーに約16g程度入れて飲むと良いと言われ、話題でもあるバターです。意外とネットを見るとビオ製品などが売られておりますが、意外と高い。。。 ...

【2】あとはざっくりとした分量で作ればOK

後はお湯沸かして、コーヒーと MCT オイルとグラスフェットバターを入れてミキサーにかけるだけです。

分量としては MCT オイルもグラスフェッドバターも大さじ一杯程度ということですが、毎回測るのを面倒くさいので、目分量で全く問題ないと思います。

スポンサーリンク







フォローする