なぜヤクザと成金は高い時計を買うのか

「裕福」「資産」ってなんでしょう。

あまりブログ向きのテーマではないかもしれませんが、お金に対する誤解を解いておきたいので一本書かせていただきます。

スポンサーリンク




時計を変えました。

普段使っていたものを、ちょっとメンテナンスしたかったので、ついでにゲット。

今回もRolex、それも廉価版にしたのですが、それには理由があります。

価値って何だろう?

小川が今回手に入れたのは、サブマリーナという、Rolexの廉価モデル。

ただし、黒ダイヤ加工がしてある別注品です。

なぜこの時計にしたかというと、

  • 壊れにくい
  • 買値と売値の差額(スプレッド)が低い。
    ※黒ダイヤ加工は、場合によっては売った方が高い可能性すらあります。
  • 廉価モデルは高価すぎないので、流動性が高い。

つまり、時計をつけて飽きたら売ってしまえば、

お金を失うことなく、時計がつけられる。

ことも可能です。

実際には、多少は負担するかもしれませんが。誤差の範囲です。

なぜ、ヤ○ザと成金は時計と車にお金を使うのか。

この話のポイントは、実はいかに安く買えるかなんですが、ちょっと突っ込んだ話になってしまうので、割愛。

考え方を意識してほしいんです。

手元にお金があったって、寝かせているなら意味がない。

資産価値を持つものに交換した方がいい

ただし、いざ困ったときに(経営者ってのは、山あり谷ありなので・・)

すぐに現金化できないといけない。

その点、車と時計は交換容易。

ルートさえ確保しておけば、いつでも現金化可能です。

だから、浮き沈みの激しい商売の人は

車と時計を良いものにするんです。

現金持ち歩くのは大変ですしね。

すぐ車を変える人の具体例

例えば車。

1000万円以上、高くて2-3000万の高級車だって、マーケットによっては、600万くらいだったりします。

※正規ルートではないです。

手放すときの売値は500万ちょっとくらいかな。

だから、新モデルが出て価値が下落する前に半年くらい乗って売りに出す。

そうすると、高級車が毎月20万円くらいで乗れる。

レンタカーでフェラーリを借りたら、一日10-20万。

超お得ですよね。
 
私は車は保有していませんが、こういう世界もあるって知れて、勉強になります。

意外に知らないお金の話。

ちょっとだけオープンにしてみました。

スポンサーリンク







フォローする