Heinz Sielmann ハインツ ジールマンってどんな人?

本日のグーグルロゴがHeinz Sielmann(ハインツ・ジールマン)になっています。

ハインツ・ジールマンの情報が英語でしかないので日本語でまとめました。

スポンサーリンク




ハインツジールマン(1917年6月2日ドイツ産まれ 2006年10月6日ミュンヘンにて死没)は、世界的に有名な野生動物の写真家、生物学者、動物学者、ドキュメンタリー映画監督でした。

1938年の彼の最初の映画は、鳥獣に関する静かな映画を作りました。

しかし仕事は戦争の影響で中断されることとなります。

ジールマンはその後、1940年に大学で生物学の学位を取得し、動物学を専攻しました。

ジールマンは彼の訓練生であったジョセフと出会い、彼らは両方とも生物学と動物学の講義に参加しました。

その後、クレタ島に留まり、映画撮影をすることができました。カイロとロンドンの戦争捕虜としての時間を経て、ロンドンのクレタ島で3部構成のドキュメンタリーを編集し始めました。

戦後、彼はドイツ連邦共和国教育映画協会のための広く認められた仕事を始めました。

デビッドアッテンボローの命令でBBCが放送したとき、キツツキに関する彼の長編映画「森の大工」(1954、英国タイトル:ウッドペッカー)は英国で大成功を収めました。

シエルマンはこの時からニックネーム「ミツバチ」をになりました。

ジールマンの映画はその他の映画もすべて世界的に成功しました。

1960年代後半のナショナルジオグラフィック・ワイルドライフ・ドキュメンタリーのコラボレーションでは、ワロン・グリーンと出会い、1971年にアカデミー賞を受賞したドキュメンタリー「ヘルストローム・クロニクル」で追加の写真家として働きました。

1994年に彼はドイツでビーバーとカワウソを再導入したハインツ・ジールマン財団を設立しました。

この財団のもうひとつの目標は、子供たちに自然保護を知らせることです。

ジールマンはミュンヘンの家族に囲まれた89歳の眠りで死亡し、ドイツのデュッセルドルフに埋葬されました。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク