iPhone8Plusを片手でかんたんに操作できるPalmoが最高

ライフハック
スポンサーリンク

先日iPhoneを新しくしました。

前々から気になっていたPlusシリーズです。

左がiPhone8右がiPhone8Plus 比べるとかなり大きい

iPhone8Plusにして画面が大きくなり、良くなったのですが問題は持ちにくくなったこと。

iPhone8Plusの前はiPhone6sだったので、普通にクリアバンパーを利用していたのですが、普通のバンパーでは片手で操作ができなそう。

そこでいろいろ調べて買ったのがPalmoでした。

【Palmo】iPhone6sPlus/6Plus White(パルモ 白)2017年度レッドドット・デザイン賞(red dot design award) グッドデザイン賞受賞[米軍MIL規格取得 落下 防止 耐衝撃 吸収 iPhone専用保護ケース,カバー]超軽量 高品質シリコン,アンチダスト加工 片手 大学,病院と健康実験認定済
ECBB MAKERS. では、グッドデザイン2015受賞、究極の落下防止シリコンiPhoneケース「Palmo」をAmazon販売開始致しました! Palmoを装着すれば、たった一本の指でiPhoneの落下を防止し、操作性も格段にアップします。年々画面が大きくなるiPhone。隅まで指が届かなくてイライラしたことあり...

【1】Palmoの良い点

思っていた以上に片手で使いやすい

Palmoの良い点はなんといっても操作性の良さ

地図を見ながら歩くなんてこともあると思うのです、両手で操作していたら危険ですよね。

でもPalmoなら大丈夫。片手で見ながら目的地まで行くなんてこともOKです。

画面の端まで片手で届く

iPhone8Plusは片手で操作しようと思うとどんなに手が大きい人でも端まで届かないと思います。

しかし、Palmoならしっかり端まで届くので片手ですべての操作をすることが可能です。

【2】Palmoの改善点

いくつか気になる点もあるのでご紹介します。

シリコンケースなのでポケットで引っかかる

シリコンなのでポケットに入れた時に滑らず非常に入れにくく、出しにくいです。

もう少し滑るゴムだとなかなかいいんですが。これがちょっとストレス。

ケースが取れやすい

ポケット出すときなどにケースが取れてしまうことが割とよくあります。

これが結構くせ者で、ケースから取れてiPhone8Plusを落としてしまったことが一度ありました。

伸びてしまう

シリコンケースなのでしばらく使っていると伸びてしまい、フィット性が悪くなります。

【3】改善点を治す方法

改善点を治す方法があります

ポケットの引っかかり以外は治す方法があります。

それは3Mの両面テープを使うことです。

こんな風に上に貼る。しばらくは上だけでOK。両面テープなのでちょっとゴミとかがついてるが、ケースをすれば見えないので問題なし

やや後めに貼ると良い

キレイじゃないのが残念

※上は二枚重ねて貼っています。

しばらくしたら下の隅にも貼ると良い

こんな感じで両面テープを貼るとケースから外れることがまずなくなり、両面テープの厚みでケースが伸びてもフィット感は保たれます。 

ケースをつければ両面テープは見えない

背面からはこんな感じ

少しフィット感が悪くなっってきたからといってすぐに買い替えてしまうのではコストが気になります。

しかし、この両面テープで問題なく使うことができるのでこの方法がおすすめです。

私は3Mのこの両面テープを使っていますが横幅が広すぎるので、半分に切ってから使っています。

Palmoを使っている方がいらっしゃったらこれでケースも外れにくくなるので非常におすすめなライフハックです。

3Mスコッチ超強力両面テーププレミアゴールドスーパー多用途薄手KPU-12
テープが薄手の多用途両面テープ。強靭なアクリルフォーム基材に特殊アクリル系粘着剤を塗布した超強力両面テープ。【接着できる素材】・金属、軟質塩ビ、硬質塩ビ、ガラス、内装タイル、硬質ゴム、木、ポリプロピレン、ポリエチレン【特徴】・0.6の薄い両面テープ。・JIS規格(Z1541)第一種レベル(構造用接合部)を有してます。・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました