首都圏でスカイダイビングができる2箇所を徹底的に比較しました。

2018年現在、首都圏でスカイダイビングができる場所は

の二箇所です。

どちらでスカイダイビングをしたほうがいいのか、メリット・デメリットをまとめたので参考にしてください。

スポンサーリンク




ひと目でわかる一覧表

比較表(優れている方を太字にしています)
  東京スカイダイビングクラブ

スカイダイブ藤岡

アクセス(電車) 新宿から電車で50分
バスで山ケ谷戸まで15分
そこから徒歩で20分
新宿から電車で90分で藤岡駅
そこからタクシーで10分程度
アクセス(車) 新宿から75分程度 新宿から90分程度
料金 32000円
90kg以上は不可
8時半:31,000円(土日祝日のみ)
10時:31,000円
12時 :32,000円
14時 :33,000円
15時:34,000円(土日祝のみ)
(ただし80kg~85kgは+1000円
85kg~90kg+2000円。
90kg以上は不可)
カメラ料金 ハンドカメラ+8000円
カメラマン付+16000円
会費保険料+動画(ハンドカメラ):8,000円
会費保険料+静止画撮影:15,000円
会費保険料+動画:15,000円
会費保険料+動画+静止画(両方):18,000円
キャンセル料 なし 平日は一週間前から三日前まで15000円
3日前から全額
土日祝は3日前から全額
飛び降りる高さ
(パラシュートが開くまで)
3810m
(50秒)
4000m
(60秒)
事故 2回(リンク参照) 0回
その他 予約が取りにくい 予約が取りやすい

どちらもかなりの人数のスカイダイビングをしてるのでどちらも問題はないと思います。

まとめ

筆者はスカイダイブ藤岡でスカイダイビングをしました。

2週間前でも予約が取れたのがありがたかったです。

どちらでもスカイダイビングは楽しめると思いますので、本記事を参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク







フォローする