キーンのサンダルスニーカーユニークの欠点は足が臭くなること。どうしたら臭いがなくなるか。

キーンのサンダルスニーカーユニークを履いて早1ヶ月。

良いところは事前のリサーチ通りで、

  • 裸足でもはける
  • 歩きやすい
  • ジムにも履いていける

などあるのですが。事前リサーチでは欠点までわかりませんでした。

その欠点とは、足が臭くなることです。

スポンサーリンク




ユニークのそこの通気性はゼロ

ユニークの足の裏にあたる部分は発泡スチロールのような素材で通気性がゼロ。

キーンのユニークは海や川などでも使うことを想定されているからか、足の裏が汗をかいても逃げ場がありません。

そのため裸足で履き続けるとで2~3週間ほど足とユニークが臭くなり、抜いた時に非常に臭いです。

しかし、この欠点を補う方法を見つけました。

それは、ユニークを重曹を溶かした水に一晩つけておくことです。

重曹は薬局や100均で売っている

重曹を水に多めに溶かして(150グラムくらい)ユニークをつけておきましょう。

大きなバケツやバスタブなどを使うといいと思います(ちなみに私はバスタブを利用しています。重曹でお風呂も綺麗になるので一石二鳥)。

一晩つけたら、軽くすすいで、陰干しで乾かしておきましょう。それで臭いが全くなくなります。

もちろん靴下履けば臭いを話題を抑えるのだと思いますが、なるべく裸足で履きたいので、一ヶ月に1度ぐらい重曹の漬け置き洗いをすることでこの臭いをなくすことができます。

是非試してみてください。

スポンサーリンク







フォローする