netgeekの運営者が京都の【大内彰訓】氏だと永江一石氏が暴露して集団訴訟になる模様

前々から下記の記事を読んでおりまして、どうなるのか行く末を見守っておりました。

デマの温床として知られる、金のためならなんでもやります系バイラルのnetgeek。故Hagex氏も再三にわたってその酷さを書いておられた。 デマサイト「netgeek」をネタにツイートするのは情弱の極み 「netgeek ...

ちなみにねとらぼでも、

こんな形で記事になっておりましたので、わくわくしていたのですが、

そうしたら本日、

以前公開しました デマの温床netgeekに捏造デマと名誉毀損と営業妨害されたので自分なりのやり方で百倍返ししてみるわ。 ですが、ねとらぼさんでも報じられたように、わずか数時間で運営者の詳細情報が判明しました。 多数の情 ...

という形でnetgeekの運営者が特定されて集団訴訟になる模様です。

スポンサーリンク




netgeekの運営者は株式会社innovator’s base 代表は【大内彰訓】氏

詳しくは↓を読んでいただけるとわかります。

【拡散】netgeekの運営会社情報大公開と、被害者集団訴訟のお知らせ

株式会社innovator’s base は平成24年に作られた会社で、大内彰訓氏がずっと代表をしているようです。

大内彰訓氏は首都大学東京(昔の東京都立大学)を卒業して、一橋大学の院を出ている方らしいのですが、なんでこんなに学歴がいいのにこんなビジネスを始めてしまったのですかね。

ちなみに永江一石氏が書いていた一橋大学院のレポートは↓です。

http://www.mba.cm.hit-u.ac.jp/subject/kinnyuu/data/china_houkoku2009.pdf

集団訴訟の行く末はまた永江一石さんのブログで見れると思うので今から楽しみです。

スポンサーリンク







フォローする