カルティエの時計の金属バンドがゆるくて取れてしまう時の対処法2選

カルティエの時計の金属バンドは非常にスタイリッシュで留め具が露出しないので非常に気に入っています。

しかし、3年ほど使っているとどんどん留め具のところがゆるくなってきてしまって普通に使っているだけで取れてしまうこともしばしばありました。

そこでカルティエの時計の金属バンドがゆるくなって取れてしまう場合の対処方法をまとめました。

新品同様にガチガチにすることも可能です。

スポンサーリンク




【1】一番いいのはカルティエのブティックに持っていくこと

カルティエの銀座ブティックの地下一階でやってくれます

カルティエのブティックの修理コーナーにもっていくとすぐに新品同様と言ってもいいくらいガチガチにしてくれます。

百貨店などのカルティエではやってくれるかどうかわからないので電話で問い合わせしてみましょう。

下記から店舗検索することができます。

カルティエ ブティックと公認正規販売店を検索していただけます。

【2】バーを少し曲げる

開いた時のところを曲げる

私は暫くこの方法でもたせていたのですが、金属バンドのところを開いて、すこし曲げるときつくなります。

もちろんカルティエでやってもらうのが一番なのですが、多少はよくなるので、カルティエの店舗が近くにない時は試してみましょう。

ただし、男の人の力じゃないと曲がらないと思います。

まとめ

カルティエのブティックには都内には数店舗あるそうなので、自分に一番近いブティックに問い合わせしてみましょう。

スポンサーリンク







フォローする