ベンチプレス100キロあがる人はダンベルプレスは何キロあがるのか

ベンチプレスが100キロあがる人ってダンベルプレスだとどのくらい重量があがるんだろう?

筋トレをしてる人なら一度は考えたことがあると思います。

そこで調べていたところ、こんな良い記事の中でこんな一説を見つけました。

↑コピーできなかったので画像にしています

バーベルベンチプレスプレスとダンベルベンチプレスを比較していきます。二つの違う器具で行うベンチプレスは効果も様々。その違いを知っておけば、目的に応じて最適な筋トレが出来ます。バーベルベンチプレスやダンベルベンチプレスは、

85.4kg×1.17=99.918kg

となるので、ベンチプレスが100キロあがる人は、ダンベルプレスだと85.4kgの半分である42.7kgがあがる計算になりますね。

スポンサーリンク




ベンチプレスとダンベルプレスの換算表

100kgだけの計算だと当てはまらない人もいると思うので、ダンベルプレスの重さから、ベンチプレスがどれだけあがるかの表を作りました。

ダンベル
プレス
(片手の重量)
ベンチプレス
10 23.4
12 28.08
14 32.76
16 37.44
18 42.12
20 46.8
22 51.48
24 56.16
26 60.84
28 65.52
30 70.2
32 74.88
34 79.56
36 84.24
38 88.92
40 93.6
42 98.28
44 102.96
46 107.64
48 112.32
50 117
52 121.68
54 126.36
56 131.04
58 135.72
60 140.4
62 145.08
64 149.76
66 154.44
68 159.12
70 163.8
72 168.48
74 173.16
76 177.84
78 182.52
80 187.2
82 191.88
84 196.56
86 201.24
88 205.92
90 210.6

ゴールドジムには90kgまでダンベルがあるところもあるので、90kgまで表にしてみました

ほとんどのジムがダンベルは30kgまでしかないと思うので、ベンチプレスで70キロ以上できる人はベンチプレスをしたほうがいいかもしれません。

ベンチプレスは腕、ダンベルプレスは胸に効きやすいので、どちらの種目のほうが得意という個人差はあると思います。

私のベンチプレスは90kgで6回がマックスですが、ダンベルプレス42キロで5回できるので、やや胸のほうが強いのだと思います。

まとめ

この表を目安に、ぜひ重量を考えてみてください。

スポンサーリンク







フォローする